サミタのパチンコ・パチスロ専門用語です。意外に知らないかも?

サミタのパチンコ・パチスロ専門用語 | サミタ解体新書

JACKPOT発生中!!ネットカジノで一攫千金♪


当サイトで紹介している「ベラジョンカジノ」で$79,619.88(約955万円)のJACKPOTが出ました!!

しかも$0.75(約100円)のワンスピンで・・・。

必見!ベラジョンカジノ プレイ動画



ベラジョンカジノは安心の日本語対応

今なら登録するだけで30ドル貰えます♪

↓↓ click ↓↓

PCカジノボタン



サミータウンぽぽ

 

ネットカジノの還元率は、驚異の95%〜99%です♪もちろん合法なので安心して下さい。

ちなみに、競馬では60%、パチンコやパチスロは75%〜90%、更に宝くじは、45%〜50%という還元率です。。。

怪しいと感じる方も多いと思いますが、「ベラジョンカジノ」は日本語対応、クレジットカードや銀行振込にも対応していますので安心して利用出来ます。リアルマネーでプレイしたい方にはピッタリですね♪

777タウン公式ページはこちら


↓ 1000円コースがお得 ↓
PCサミタ上

ベラジョンカジノ公式ページはこちら


↓ グッドラック!ビギナーズボーナス開催中 ↓


サミタのパチンコ・パチスロ専門用語

サミータウン専門用語

 

 サミタでゲームをプレイしていると、「ST?」、「ART?」など、パチンコ・パチスロ専門用語が出てきます。

 

 パチンコパチスロ初心者の方は特に解らない言葉など出てくると思います。もちろん、当然知っている言葉もありますが、意外と知らない言葉もあるのでは!?

 

 サミタのパチンコ・パチスロゲームでこれだけは知っておきたい専門用語をピックアップしました!

 

 参考にしてください♪

 

 

サミタぽぽ

 

パチンコやパチスロの専門用語は、知らなくてもあまりサミタでのプレイに支障はありません。

 

でも知っていると1.5倍くらいは楽しく遊べますよ〜♪


サミタのパチンコ専門用語(五十音順)

アタッカー
大入賞口とも呼ばれ、大当たりした時限定で一定時間開放する入賞口のこと。ここに玉が入ると大量の出玉が払い出される。

 

一発告知
Pフラッシュやパトランプなど、絵柄が揃う前に大当たりを告知する演出。

 

一発台
特定の個所に球が入ることによって大量の出玉を得ることができる台。ほとんどの台が釘調整を行う事で定量数の打ち止めまで遊技ができましたが、射幸心の高さから1990年の風営法改正で廃止に。さみしー(ToT)/~~~

 

打ち止め
1980年代までの羽根モノに多く用いられたルールで、一定数以上の出玉が出た時に店側で遊技をストップする事。

 

ST
一定回数の間だけ高確率のスペシャルタイムの略。

 

回転率
パチンコ機の大当たり抽選が行われる回数の期待値。

 

一般的には、1000円分のパチンコ玉を打ち切った時に始動口に入賞した回転数を用いることが多い。

 

カウント
機種によって異なるが、電チューやアタッカー解放時に拾う玉の最高拾球数。デジパチタイプのアタッカーは9カウントが多い。つまり9個(9個以上入る場合もあり)パチンコ玉が入ると電チューやアタッカーが閉じてしまう。

 

確率変動(確変)
次回の大当たりが約束された夢のひと時♪

 

もちろん、続ければ続くほどプレイヤーの持ち球が増えていきます。

 

擬似連続演出(疑似連)
デジタル式のパチンコで、1回の変動で数回変動しているように見せ、変動が続けば続くほど信頼度が高くなる予告。大当たりに絡む割合が高いのも特徴。

 

小当り
大当たり以外でアタッカーが開放する演出の一部。大当たり期待があるモード等に移行し、プレイヤーの期待を煽るがガセも多い。

 

CR機
プリペイドカードに対応したパチンコ機のこと。CRの意味は、玉貸しに関する区分。1992年登場当時はCaRdの略という説や、Card Reserveの略とする説など、はっきりしない。

 

しかし、最近は、プリペイドカードよりICカードが主流となっているので、もはや記号のレベル!?

 

時短
大当たり終了後に、電チューサポートで持ち玉を減らさずに効率よく回転させ、時間効率を高める機能。

 

潜伏確変
潜確(せんかく)と略されることもあります。「確率変動の大当たり」にも関わらず、大当たり告知がなく、電チューのサポートもないのでパッと見の状態が通常時とほぼ同じように見える状態のこと。

 

等価交換
貸玉の金額とプレイヤーが玉を交換して得られる金額が同じであること。

 

ハイエナ
他の客が打っている台に目をつけて、客があきらめて台を空けるのを待つこと。名前通りです。。。

 

羽根モノ
玉がチャッカーに入ると羽根型の役ものが開閉し入賞スペースができるパチンコ機。1980年に登場し、ほとんどの機種が飛行機や鳥の羽根に見立てていることから羽根モノと呼ばれた。

 

ハマリ
語源は「深みにはまる」から。
大負けの兆し。。。デジタルを回してもなかなか大当たりが来ないこと。

 

パンク
羽根モノやデジパチにおいて大当たりが途中で終わってしまうこと。

 

V-ST
Vは「Vアタッカー」の略で2013年から登場。Vアタッカーが開くのはバトル勝利時や確変図柄大当たり時のみで、Vアタッカーに玉が入賞すれば確変に。

 

Vアタッカー搭載をする事により台の単発確率とギャンブル性を高められるいうメリットが存在し、それにSTの要素を加えたのが「V-ST」。今後のパチンコ機の主流になっていく予感が。。。

 

プレミア
出現するとテンションが上がる、大当たり確定の演出。

 

変動
デジタル式のパチンコで、玉がスタートチャッカーに入賞し、図柄が動き始めてから停止するまでのこと。

サミタのパチスロ専門用語(五十音順)

2号機〜4.7号機
 パチスロ機は、0〜1.5号機の間は、ゲーム性に差はあるものの、ボーナスゲームについてはほぼ同様の性質で、際立った差は無かった。しかし2号機が登場すると、ボーナスゲームの性質によってAからCまで3つのタイプに分けられ、規定上は全てAからCのどれかに分類された。

 

 4.7号機までの機種は、全てビッグボーナス(BIG)等で出玉を得るタイプで、カタログや筐体シールなどに必ず記載が行われました。

 

A-Cタイプ
Aタイプ(ボーナスゲーム最大3回)の特徴に加え、シングルボーナス(SIN)の確率がアップする集中役を搭載しているもの。

 

B-Cタイプ
A-CタイプのビッグボーナスがBタイプと同じくボーナスゲームが最大2回以下のもの。

 

5号機以降
5号機においては、BIGの終了契機がメダルの総払い出し枚数で判断される形に変更されており、一定の枚数に達するまではボーナスゲームに突入し続けている機種が主流のため、上記のようなタイプ分けは存在しない。

 

アシスト
押し順(押し順ナビ)や特定の図柄の組み合わせによって小役が必ず入賞するように告知する機能。機種によって、若干の違いが、一般的には図柄の組み合わせによるものが多く、図柄が揃わないと払い出しはない。

 

AT(アシストタイム)
アシストが連続して発生するチャンスタイムの一種。「獣王(サミー)」にてATによる大量コイン獲得のシステムが完成しました。しかし、極端に射幸心を煽るとして当局が介入し、規制の対象になりました。

 

現在は、「AT風演出」となっていることも多く、2007年以降はRTと絡めてRT中に使用されたり、RTの前兆ゾーンを終了する小役をアシストして前兆ゾーンを引き延ばす(リプパンはずし)ために使われることが多くなった。

 

ART(AT+RT=ART アシストリプレイタイム)
ATとRTを組み合わせたもの。ATよりも緩やかだが、RTよりも激しい性能となる。

 

5号機に多く搭載され、当初は1G辺りの純増が1枚にも満たないものが多かったが、次第に増えて行き2012年現在では、最多で3.0枚となっています。引き次第でかなりの出玉を獲得することができる。

 

完全確率方式
現在のパチスロ機で主流となる抽選方法。例えば、1/100の確率で毎回転の確率が1/100、1/99、1/98、1/97・・・というように変化しないということ。毎回1/100の確率!!

 

これが理解できないとパチンコ・パチスロで勝つのは難しい・・・運に頼るしかありません。。。

 

機械割(機械割)
遊技における出メダルの払い出し率(ペイアウト)を指す。遊技時間内に投入したコインの累計枚数に対し、投入枚数を100%として「払い出されたコイン枚数/投入されたコイン枚数」で求められる数値。

 

機械割が100%以上になることがパチスロで「勝つ」ということであり、その逆も同様。

 

KKK
KKK(小役・きっちり・獲得)という意味。きちんと目押しをして、最大限に小役を獲得しようという打ち方。

 

吸い込み方式
現在のパチスロの主流となっている「完全確率方式」とは対極にある抽選方法で、一号機時代に主流となったパチスロの抽選方式の一つ。

 

基本的には毎回転のボーナス抽選は行わずに特定枚数のメダルを吸い込むか、特定回転消化するとボーナスに当選する仕組みになっています。

 

ボーナス当選を意図的に偏らせる事が可能なので出玉推移が激しくゲームの波が荒いのが特徴。。。2号機以降は「完全確率方式」に統一。

 

CZ(チャンスゾーン)
CZ中は特定役の出現確率が大きく上昇、CZ中に特定役を引くとRTやARTに突入。

 

DDT
DDTは、同じ名前の殺虫剤からきている言葉。たとえ1枚役でも取りこぼさないように「根こそぎ小役を取る」という意味。

 

バケ
嬉しくないレギュラーボーナスのこと。

 

フラグ
Flag(旗)のこと。パチスロのゲーム性の根本理論で「フラグ゙が立つ」という場合、内部で何か起きた合図。例えば、ボーナスに当選した場合には、内部では「ボーナスフラグが立った」ということ。

 

プレイヤーは、リールや液晶の演出から内部でどのフラグが立っているのか推測。推測を間違えると・・・。

 

リプパンハズシ

 

出玉を抑えられた5号機において革命的な発想。

 

リプレイタイムが搭載されているパチスロ機では、リプレイタイム中に小役を入賞させてしまうと終了してしまうので、あえてその「パンク役」をハズしてリプレイタイムを続かせる打ち方。これをヤルとやらないでは出玉に大きな違いが出ます。

 

リプレイはずし
小役をできる限り多く獲得するために、JACイン図柄が揃わないようにわざと取りこぼす打ち方。小役ゲームを引き伸ばすことによってビッグボーナスの獲得枚数を増やすのが狙い。

 

RT(リプレイタイム)
RTは通常よりもリプレイ確率が大幅に上昇。これによりコインが減りにくくなる状態。


ページトップ

TOP パチンコゲーム パチスロゲーム オンラインカジノ カジノ体験談 パチンコ体験談